.css"> ちょっと待って!ダウンライトだけのリビングルーム - 照明専門店 シバタ照明ブログ

TOP > 照明専門店 シバタ照明ブログ

ちょっと待って!ダウンライトだけのリビングルーム

照明器具の存在感はいらない!照明器具はダウンライトだけにして、洗練されたリビングルーム/ダイニングルームにしたい。

ダウンライトのみのすっきりとした照明プランは新築ならではの醍醐味かもしれません。でもちょっと待って!ダウンライトは天井に穴を開けて埋め込むもの。後から位置を変えたり増やしたりすることはできません。後悔しないために、ありがちな失敗例をご紹介します。(記事の中の写真はイメージです。)

ダウンライトのみのリビング
ダウンライトのみのリビング

失敗その1 家具の位置を変えたくなったら…

ダウンライトは家具などの配置に合わせて位置を決めます。例えばテーブルの上には4灯くらい集中して配置することが多いです。ということはテーブルの位置が変わってしまうとおかしなことに…

家具の位置が大きく変わることはない、というご家族なら問題ありません。しかしこれから新築を建てようという方は、就学前のお子様がいらっしゃるなど、今後生活スタイルが大きく変わる可能性のあるご家族が多いのではないでしょうか。

  • お子様のお勉強スペースをリビングダイニングに設けたら、あれ?ダイニングテーブルをかなり移動させることになってしまった
  • 実際に暮らしてみたら、ダイニングテーブルを縦横変えて置いた方が暮らしやすかったなど

このような時、ダウンライトの位置を移動させることはできません。照らす方向をある程度変えることができるユニバーサルタイプのダウンライト、ダクトレールなども併用すると、すっきりとしながらもライフスタイルの変化に対応することができます。

ダウンライトとダクトレールを併用
ダウンライトとダクトレールを併用

失敗その2  ダウンライトにこだわり過ぎて天井が穴だらけに…

ダウンライトがたくさんあるリビング
ダウンライトがたくさんあるリビング

ダウンライトは照らすことができる範囲がせまい(基本的に真下しか明るくなりません。)ので複数設置することになります。テーブル上はもちろん、壁に飾る絵画も照らしたい!などなど、灯数が増えがちに。天井には、点検口に火災報知器など他にも設置しなければならないものがあります。天井すっきり、のはずがそうはならないことが…

ダウンライトのみにこだわらず、間接照明やペンダントライトなど、他の種類の照明器具も上手に組み合わせた方がすっきりとした照明プランになることもあります。

失敗その3  ダウンライトの寿命がきたら…

ほとんどのダウンライトに使用されている光源、LED。寿命は4万時間程度のものが多いようです。毎日8時間使用したとしたら13年程度で寿命がくることになります。「LEDの寿命」とは初期状態と比較して70%程度に明るさが減少することをいいます。従って全く使用できなくなる訳ではありません。しかしLEDは年月を経るごとに、少しずつ暗くなってしまう点には注意が必要です。

なぜなら今主流となっているLEDダウンライトはランプを交換することができないものが多いから。暗く感じるようになった時、どうするのか。器具ごと交換することになります。これは電気工事になりますので、資格を持った電気工事士などにしかできません。メーカーは10年程度での点検・交換を推奨していますので、点検・交換の良い機会と考えることができます。

しかし暗いと感じた時に自分で手軽に対処したいという方は、ランプ交換ができるLED電球タイプのダウンライトを選ぶことをおすすめします。量販店などで販売されている電球形LEDランプと手軽に交換することができます。

LED電球タイプのダウンライト
LED電球タイプのダウンライト:コイズミ照明AD35185L

失敗その4 ダウンライトを設置してはいけない場所

寝室のダウンライト
寝室のダウンライト

ベッドやソファーなど体を横にする可能性がある場所する場合、特に注意が必要です。光が目に直接入る位置ですと、大変眩しく感じます。寝室であれば足元に設置するのがおすすめです。点灯しても足元だけが明るくなるので、先に就寝なさっているご家族に眩しい思いをさせる心配がありません。

階段下トイレや物入れにダウンライトを設置するのは、機能的でおすすめです。ただし物入れの場合、ダウンライトのそばに収納物がないようにしましょう。ダウンライト直下に収納された布団などが原因で火災が発生する危険性があります。取扱説明書などに記載されている、ダウライトと収納物までの適正な距離を取るようご注意ください。

日本の住宅は明るすぎると言われています。お部屋全体を照らすシーリングライトなどとは異なり、照らしたい場所だけを照らすことができるダウンライト。上手に活用して上質の空間づくりにお役立てください。最近では明るさ/光の色を自由自在に調節できるダウンライトが注目されています。

当店スタッフの自宅では、リビングの4角にダウンライト、中央にメイン照明を配置。夜のくつろぎの時間、メインは消してダウンライトのみで過ごしています。ホラー映画やお気に入りの映画の臨場感が倍増!大人だけでなく子供も満足のリビングとなっています。

ダウンライトでくつろぎの空間
ダウンライトでくつろぎの空間

シバタ照明ご相談・お見積りのご依頼はこちら

住まいの照明、店舗施設照明、輸入照明などあらゆるご相談を承ります。FAXやお電話によるお問い合わせ、ご注文、お見積りのご依頼も大歓迎です。新築住宅や新店舗のお客様には図面に基づいて照明プランナーがご相談させていただきます。図面が出来上がったら是非一度ご相談ください。

最近の記事